日本語教師養成講座420時間

日本語教師養成講座420時間コース@

「420時間コースは受講したほうがいいですか?」
「420時間コースはどれぐらい大変なのですか?」
といった質問をときどきいただきます。

 

率直に回答すると、「日本語教師として仕事をしたいのなら受講するべきだと思うし、
受講内容は決して簡単ではないです」という答えになります。

 

日本語教師として必要な知識をひととおり身につけられますし、ちゃんとした養成講座だと知識を身につけるだけでなく、
それを実際に教壇で教えるための技術も習得させてくれるので、受けておいて損はないと思います。

 

私の通っていた養成講座ではまず授業を受け、次に模擬実習があり、最後に教壇実習がありました。
授業は14種類の内容に分類されていて、それぞれ1冊ずつ教科書があるぐらいでしたから、かなりのボリュームです。

 

その一冊の教科書を、1回約3時間の授業を計4回、合計12時間ほどかけて修了します。
日本語の文法、発音、歴史といったことはもちろん、異文化コミュニケーション論などもありました。

 

また、「自分の授業内である雑誌の切り抜きをプリントとして使用したが、著作権上問題はあるかないか」といったことも学びます。

 

文法などは一回の授業では理解しきれないほど複雑な部分もあるので、予習や復習もかなりおこなった記憶があります。

 

次のページ:日本語教師養成講座420時間コースA

当サイトの人気ページ

日本語教師養成講座が学べる通信講座

日本語教師養成講座が学べるスクール


日本語教師養成講座とは 日本語教師に関すること 台湾での日本語教師生活 日本語教師体験談