日本語教師の就職

日本語教師の就職

 

420時間養成講座を終え、晴れて検定にも合格!

 

しかし就職口はそう簡単には見つからない、というのが残念ながら現状のようです。

 

基礎知識を持っていることは必須条件ですが、
日本語教師はたとえわずかでも経験の有無がものを言います。

 

即戦力になってほしいのに、経験がない日本語教師は学校側としては必要なくても仕方ないかもしれません。

 

日本国内と、希望者が多いアメリカ・ヨーロッパは同じ実情のようです
(海外のほうが、競争率は低いと思いますが)。

 

アジアは日本語熱が比較的高く、また競争率が低めなので、経験を積むための就職先としてはおすすめできます。

就職先の探し方

今ではインターネットで探す方法がどんどん発達しているでしょう。
しかし海外でやっていける自信があるなら、直接現地を訪ねて語学スクールへ赴くというのもアリだと思います。

 

大手の学校だと日本語ができるスタッフがたいていいますし、採用も手慣れています。

 

英語と日本語両方の履歴書を渡して簡単な面接をし、日本に帰国して採用結果を待つ方法もとれます。

 

ただ注意したいのはビザ関連です。

 

観光ビザで入国して就職活動をし、現地で採用が決まった場合、
観光ビザが有効なうちに就労ビザに切り替える必要があります。

 

いいかげんなスクールだと就労ビザ切り替えの手続きをうっかりしていなかった!
という事態になる場合もあるので、くれぐれも自分でもビザの有効期限には気をつけるようにしたいものです。

 

次のページ:ボランティアで日本語教師は可能?


当サイトの人気ページ

日本語教師養成講座が学べる通信講座

日本語教師養成講座が学べるスクール


日本語教師養成講座とは 日本語教師に関すること 台湾での日本語教師生活 日本語教師体験談