日本語教師養成講座

日本語教師養成講座とは

日本語教師になるための基礎知識を身につけるための養成講座。全過程が約420時間あるため、通称「420時間コース」とも呼ばれています。
受講しなければ日本語教師になれない、というわけではありませんが、受講しておいたほうがよいでしょう。

日本語教師養成講座とは記事一覧

日本で学校の教員になるには当然教員免許が必要となりますが、日本語教師になるのに特別な資格は要りません。しかし、日本語学校で就職しようとした場合はたいてい日本語教師養成講座420時間コースを修了しているか、あるいは日本語教育能力検定試験に合格しているかを問われると思います。日本語教師養成講座はその名のとおり、日本語教師として必要な日本語の知識を420時間にわたって教えてくれる講座です。そして検定試験...

さまざまな学校が日本語教師養成講座を開講しているので、選び方には迷ってしまいますよね。私はアークアカデミーという学校の養成講座を選びました。選んだ理由としては主に3つあり、一つめはカリキュラムの柔軟性、二つめは現役の日本語教師の方々が講師を勤めているということ、三つめは教育実習が充実していることでした。まずカリキュラムですが、当時社会人として会社に通いながら講座を受けていたので、「○月×日△時の授...

「420時間コースは受講したほうがいいですか?」「420時間コースはどれぐらい大変なのですか?」といった質問をときどきいただきます。率直に回答すると、「日本語教師として仕事をしたいのなら受講するべきだと思うし、受講内容は決して簡単ではないです」という答えになります。日本語教師として必要な知識をひととおり身につけられますし、ちゃんとした養成講座だと知識を身につけるだけでなく、それを実際に教壇で教える...

たいていの養成講座では、420時間コースでは授業のほか、模擬実習と教育実習があります。模擬実習というのは同じクラスの人(もちろん日本人です)を学生に見立て、10分から15分程度の時間で導入、単語(文型)提示、練習をします。「おはようございます。今日も暑いですね」と授業を始める(導入)ところから、「『○○放題』という言葉を聞いたことがありますか」と単語を提示し、最終的に学生がその言葉を理解し、使える...

模擬実習では毎回、日本語教師役を受講生が回り持ちでおこないます。教師役にならなかった受講生は、教わる学生役です。本物の学生に教える教壇実習では、日本に来てから1,2年たっている学生たちに教えることになるので、それを想定して模擬実習をします。それぞれ「陳さん」「エリザベスさん」と名前を設定し、出身国も決めておくほどの徹底ぶりです。先ほどの「放題」という言葉を教える授業だと、「先生、このあいだ『言いた...

日本語教師の実績がある学校・講座の特徴をご紹介します。無料で資料請求できるので、情報収集にもなりますよ!!多忙な方は日本語教師養成講座を通信講座で受講することもご検討してはいかがですか?ケイコとマナブ.net 通信講座初心者、基礎からしっかり学びたい方に。受講生専用サイトで質問もできます。今まで7万人以上が受講している実績があります。通信講座でもサポートが充実しており、不合格なら全額返金などの講座...

仕事帰りに受講できる講座や、振り替え授業があるスクールなら、通勤帰りに学ぶことができます。スクールでは、模擬授業や教育実習などが学べますのでメリットは大きいと思います。ヒューマンアカデミー全国30校舎で開講。420時間カリキュラムに対応した講義・教育実習が学べます。初心者対象の日本語教師養成総合講座、検定対策講座付き講座、試験合格を目的とした「日本語教育能力検定直前対策講座」など、自分の能力に合う...

page top