日本語教師

日本語教師を目指す方へ

日本語を教えるプロである日本語教師という仕事に興味をもっていても、
実際に自分が教えてみるのは難しそう・・・と考える方が少なくないと思います。

 

たしかに実際に語学学校の教壇に立つまでの道のりは短くありませんし、
教えれば教えるほど、その難しさに直面して悩んでしまうことも多いでしょう。

 

それでも、日本語に興味を持ってくれる生徒さんたちと授業をするのはとても楽しく、
すばらしい経験だと思います。

 

日本語教師として日本語を教えたい・・・と考えている方の背中を押すことができればと思い、
日本語教育能力試験に合格し、台湾で日本語を教えた経験のある、元日本語教師が作成しました。

当サイトについて

当サイトでは、

  • 日本語教師になるためにはどうすればよいか(どこで勉強すればよいか、日本語教育能力試験とはどんな試験かなど)
  • 日本語教師の給与や現地での生活
  • 実際に授業を行うときに、どういった問題に直面することがあるか
  • 実際に教壇に立ったときに、少しでもスムーズに授業をおこなうコツ
  • マンツーマン授業とグループ授業のちがい、初級と上級のちがいなど

などを日本語講師として教壇に立っていた私の経験を元に説明しています。

カテゴリ一覧

日本語教師になるための基礎知識を身につけるための養成講座。全過程が約420時間あるため、通称「420時間コース」とも呼ばれています。
受講しなければ日本語教師になれない、というわけではありませんが、受講しておいたほうがよいでしょう。

日本語教師養成講座とは

 

海外で働く日本語教師の給料や求人・転職事情、ボランティア活動について。

日本語教師に関すること

 

私は台湾で1年間、民間の語学スクールで日本語教師をしていました。どのような生活だったのかをお伝えします。

台湾での日本語教師生活

 

実際の日本語授業はいったいどんな感じでおこなうのでしょうか。
また、授業をおこなううえで必要な準備や教材などについても台湾の日本語教師時代のお話しをしたいと思います。

台湾での日本語教師体験談


日本語教師養成講座とは 日本語教師に関すること 台湾での日本語教師生活 日本語教師体験談